MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

TEAM

HOME>チーム>チーム情報

チーム名とロゴについて

レバンガ北海道は、2011年に北海道で生まれたプロバスケットボールチームです。
チーム名は「がんばれ」の逆さ言葉。道民から「がんばれ」と応援してもらえるチームであり続けるという誓いが込められています。

2016-17シーズン チームスローガン

____.gif
2016-17シーズン スローガンについて
文字通り、「狂うくらい熱くなれ」という意味。
勝敗の前に、どれだけ自分たちが「熱」をもってプレーするか。その「熱」量を最大化することで、観る方たちにも「熱」を感じてもらう。
チームの「熱」、会場の「熱」、スタッフの「熱」など、すべてにおいて「熱」をもって取り組むことで、ファンの皆様の「熱」との融合で、熱いチームを目指します。
 

著 松長雅風
1970年愛媛県生まれ。

7歳より書道を学び、15歳で雅風という雅号を頂く。
1990年にデザイン学校を卒業後、大手広告代理店制作部に勤務。
イラストをメインに多くのキャラクターやメインビジュアルを制作。

30歳で独立し、筆のデザインを始め似顔絵作家としても活躍。

代表的な仕事として

◯木村佳乃さん主演映画「船を降りたら彼女の島」の愛媛県スタッフとしてアートディレクターを務める。
◯坂の上の雲ミュージアム様第5回企画展にてDVDのイラストを担当。
◯似ている似顔絵作家として定評があり、南海放送「愛媛の食育応援団」メンバーを

レギュラー制作(生島ヒロシさん•眞鍋かをりさん始め多数)。


◯テレビ愛媛様にて「いい旅夢気分」おかもとまりさんのものまね似顔絵を制作。
◯ブライダル業界にて多くの似顔絵を描き、テレビや雑誌に紹介される。
◯大手ホームメーカー様より似顔絵の竣工祝いをレギュラー契約。
◯愛媛県陸運局様のイメージアップキャラクターを制作。
◯俺の割烹様銀座本店の正面玄関にシェフの筆絵を7名制作。
◯河合塾様の新聞広告にて筆文字を制作。
◯札幌のらーめん兜様を始め、多くの筆ロゴを制作。

そして今回、レバンガ北海道様よりアポイントをいただき、筆文字でスローガンを制作。

http://ccpro.jp/

チーム概要

運営法人

株式会社 北海道バスケットボールクラブ

創立

2011年

通算成績
(JBL2011-2012シーズン ~ B.LEAGUE2016-2017シーズン)

307戦 132勝 175敗 勝率:0.430

沿革

2011年

8月

レバンガ北海道誕生!
折茂武彦選手が『一般社団法人北海道総合スポーツクラブ』を設立。
新チーム名を『レバンガ北海道』に。
初代ヘッドコーチにトーステン・ロイブル氏就任

10月

ユニフォーム、チームカラー発表
チームカラーは、北海道の自然を表すレバンガグリーン・ラベンダーパープル・ゴールド

JBL2011-2012シーズン開幕
対日立サンロッカーズ@代々木第二体育館にて、72-70でレバンガ北海道初勝利

11月

折茂武彦選手がリーグ史上初の通算7,000得点を達成(5日(土)対リンク栃木@あづま総合体育館)

2012年

1月

全日本総合バスケットボール選手権大会にて、JBLチームとして初めてbjリーグチームと
公式戦を行い、千葉ジェッツに勝利。

3回戦 対千葉ジェッツ 97-59・・・勝利!
準々決勝 対アイシンシーホース 62-79・・・準々決勝敗退

桜井良太選手がトップリーグ通算200試合連続出場達成(21日(土)対リンク栃木ブレックス@北翔クロテック月寒ドーム)

3月

JBL2011-2012レギュラーシーズン成績 22勝20敗 5位
シーズン終盤の7連勝でプレーオフ進出争いに食い込むも、最終週でパナソニックに敗れ
プレーオフ進出を逃す。

シーズン来場者数:39,133名
ホームゲーム20試合
・帯広市総合体育館【2試合】
・釧路湿原の風アリーナ【2試合】
・小樽市総合体育館【2試合】
・恵庭市総合体育館【2試合】
・北翔クロテック月寒ドーム【4試合】
・北海きたえーる【6試合】
・芦別市総合体育館【2試合】

7月

2代目ヘッドコーチにスコット・ベリー氏就任

10月

JBL2012-2013シーズン開幕
仙台市に新設されたゼビオアリーナ仙台にて初の北海道外でのホームゲームを開催

2013年

1月

全日本総合バスケットボール選手権大会
3回戦 対青山学院大学 81-93・・・3回戦敗退

3月

折茂武彦選手がリーグ史上初の通算8,000得点を達成(2日(日)対三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ@愛知県体育館)

JBL2012-2013レギュラーシーズン成績 6勝36敗 8位

シーズン来場者数:33,645名
ホームゲーム20試合
・北広島市総合体育館【2試合】
・ゼビオアリーナ仙台【2試合】
・北翔クロテック月寒ドーム【4試合】
 (月寒グリーンドーム)
・伊達市総合体育館【2試合】
・帯広市総合体育館【2試合】
・苫小牧市総合体育館【2試合】
・北海きたえーる【2試合】
・旭川市総合体育館【2試合】
・千歳市スポーツセンター【2試合】

5月

レバンガ北海道の運営の譲渡
レバンガ北海道の運営(興行権)を『一般社団法人北海道総合スポーツクラブ』から
『株式会社北海道バスケットボールクラブ』へ

7月

3代目ヘッドコーチにフアン・マヌエル・ウルタド氏就任

9月

NBL2013-2014シーズン開幕

2014年

1月

全日本総合バスケットボール選手権大会
3回戦 対リンク栃木ブレックス 82-68・・・勝利!
準々決勝 対和歌山トライアンズ 68-80・・・準々決勝敗退

3月

桜井良太選手がトップリーグ通算300試合連続出場達成(8日(土)対三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋@パークアリーナ小牧)

4月

NBL2013-2014レギュラーシーズン成績 32勝23敗 イースタンカンファレンス4位 
3位リンク栃木と同率だったがゴールアベレージでわずかに下回りプレーオフ進出を逃す

シーズン来場者数:41,889名
ホームゲーム28試合
・ケーズデンキ月寒ドーム【4試合】
・道立野幌総合運動公園総合体育館【4試合】
・帯広市総合体育館【2試合】
・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ【2試合】
・北広島市総合体育館【2試合】
・北海きたえーる【10試合】
・函館市民体育館【2試合】
・伊達市総合体育館【2試合】

10月

NBL2014-2015シーズン開幕

12月

ウルタドHC解任 → 水野アシスタントコーチがHC代行へ

2015年

1月

全日本総合バスケットボール選手権大会
2回戦 対国士舘大学 98-62・・・勝利!
3回戦 対東芝ブレイブサンダース神奈川 64-84・・・3回戦敗退

4月

29日(水・祝)に北海きたえーるで開催された対東芝ブレイブサンダース神奈川にて(2015年4月29日時点)NBL最多の5,566名動員

5月

NBL2014-2015レギュラーシーズン成績 22勝32敗 イースタンカンファレンス6位

シーズン来場者数:48,983名
ホームゲーム27試合
・ケーズデンキ月寒ドーム【6試合】
・ゆうばり文化スポーツセンター【2試合】
・ダイナックスアリーナ【2試合】
・帯広市総合体育館【2試合】
・苫小牧市総合体育館【2試合】
・北海きたえーる【7試合】
・旭川市総合体育館【4試合】
・道立野幌総合運動公園総合体育館【2試合】

4代目ヘッドコーチに水野宏太氏就任

8月

29日(土) 2016年秋開幕新リーグ 1部リーグ参入決定!

10月

NBL2015-2016シーズン開幕

2016年

1月

全日本総合バスケットボール選手権大会
3回戦 対サイバーダインつくばロボッツ 70-54・・・勝利!
準々決勝 対東芝ブレイブサンダース神奈川 62-90・・・準々決勝敗退

2月

桜井良太選手がトップリーグ通算400試合連続出場達成(7日(日)対東芝神奈川@北海きたえーる)

5月

2日(月)に北海きたえーるで開催された対三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋にてクラブ史上最多の5,661名動員

折茂武彦選手がトップリーグ通算600試合出場達成(5日(木・祝)対アイシン三河@ウィングアリーナ刈谷)

NBL2015-2016レギュラーシーズン成績 28勝27敗 6位 クラブ史上初のプレーオフ進出

シーズン来場者数:72,687名
ホームゲーム27試合
・北海きたえーる【17試合】
・帯広市総合体育館【2試合】
・函館アリーナ【2試合】
・ゆうばり文化スポーツセンター【2試合】
・ケーズデンキ月寒ドーム【2試合】
・道立野幌総合運動公園総合体育館【2試合】

NBL2015-2016 PLAYOFFS
クォーターファイナル 対東芝ブレイブサンダース神奈川
 1日目:69-84、2日目68-81・・・0勝2敗で敗退

9月

B.LEAGUE開幕

10月

9日(日)に北海きたえーるで開催された対秋田ノーザンハピネッツにてクラブ史上最多の6,105名動員

11月

折茂武彦選手が国内トップリーグ日本人選手初の通算9,000得点を達成(28日(月)対千葉ジェッツ@北海きたえーる)

2017年

5月

B.LEAGUE2016-17シーズン成績 23勝37敗 東地区4位 (B1全体では18クラブ中13位)

シーズン来場者数:83,865名
ホームゲーム30試合
・北海きたえーる【23試合】
・帯広市総合体育館【2試合】
・ゆうばり文化スポーツセンター【1試合】
・函館アリーナ【2試合】
・旭川市総合体育館【2試合】

キャンペーン

協力会社

その他