MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【B.LEAGUE 2017-18 SEASON vol.21】12/09(土) レバンガ北海道vs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 試合結果

【B.LEAGUE 2017-18 SEASON vol.21】12/09(土) レバンガ北海道vs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 試合結果

B.LEAGUE 2017-18 SEASON vol.21】12/09(土) レバンガ北海道 vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 試合結果

【開催日時】
2017年12月09日(土) / 14:05 TIP OFF

【会場】
北海きたえーる

【入場者数】
4,035人

【試合結果】
レバンガ北海道 79 ‐ 69 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

HOME【Q】AWAY
19【1Q】14
25【2Q】18
19【3Q】20
16【4Q】17

--------------------------------------------------

★PTS (総得点数)
#1関野剛平 22
#5ダニエル・ミラー 15
#15マーク・トラソリーニ 15
#8多嶋朝飛 10

★TR (トータルリバウンド数)
#15マーク・トラソリーニ 13

--------------------------------------------------
・PLAY BY PLAY
・BOX SCORE
・GAME REPORT(Sports naviハイライト動画、HC・選手コメント)
 こちらをご覧ください
 https://www.levanga.com/game/?YMD=20171209&TAB=P&DOUBLEHEADERFLAG=false
--------------------------------------------------
1.jpg


試合後のコメント

水野宏太HC コメント
「昨日の悔しい敗戦から、選手一人一人が勝つという強い気持ちを持って、コート上で高い集中力を持ってプレーしてくれたことを嬉しく思っています。
また、久しぶりのホームゲームで皆さんの前で勝利することができて、非常に嬉しく思っています。

今日の勝因としては、オフェンスリバウンドに尽きると思います。
リバウンドを積極的に取りに行き、オフェンスリバウンドを多く取ることができ、セカンドチャンスから得点に繋げられたことが勝因だと思いますので、今後も継続していきたいと思います。

昨日今日とチームを引っ張ってくれた関野や川邉など若手の選手には、今あるチャンスをどれだけ最大限活かせるかというところと、結果だけにこだわらず、しっかりチャレンジし続けてもらいたいと思いますし、チャレンジし続ける姿勢を見せてくれることがチームの底上げにつながるので、チーム全員で切磋琢磨して、チャンピオンシップ出場というチームの目標に向かって全員で進んでいきたいと思います。

最後に、今日はこれまで共に戦った青島心の引退セレモニーということで、何としても本人に、進化したレバンガ北海道を見せたかったですし、勝利ではなむけになればと思っていたので、勝てて良かったです。」

--------------------------------------------------
#11桜井良太選手 コメント
「昨日の負けから、しっかり今日リベンジすることができて良かったです。
なかなか最近気持ちの良い試合ができていませんでしたが、今日は比較的オフェンスの重い感じもなく、ディフェンス面でもみんなしっかりとリバウンドに飛び込んでいたと思います。
毎試合、今日のような自分たちがプレーしていて気持ちの良い、リズムの良いゲームができるようにしていきたいと思います。

(3Qにケガをした場面について)
チャージングを取りに相手の前に入ったところ、相手の肘が顎に入り、パカっと切れちゃったのですが、それよりも右の顎が痛くなってしまい途中治療に出てしまいました。
ただ、ここ最近のケガに比べれば大したことないので問題ないと思います。
休むという選択肢は自分の中にあまりないので、ただ、最近怪我が多くコンディションが良くない部分があるので、しっかりそこは上げていきながら、より試合に貢献できるようにしていきたいとここ最近強く感じているので、歩けないような怪我がない限りは、コンディションを整えて、より活躍できるようにしてきたいと思っています。」

--------------------------------------------------
#1関野剛平選手 コメント
「今日の試合は、昨日の反省を活かし、全員が前を向いて積極的にプレーした結果だと思いますし、それが勝利につながったと思います。
昨日はフリースローや、みんなに作ってもらったノーマークのシュートを外してしまっていたので、今日はそこを決めることができたのが、自分個人としては良かったと思います。」

Q. 特に試合序盤に得点を重ねていましたが、その際に「俺ノってるな」という感じはありましたか?
(関野選手が苦笑していると)
(桜井選手) 試合終わった後言っていましたよ、今日マジ俺ヤバかったです、って。
(関野選手) 笑。
「何本か入った時点で、今日はボールを持ったら全部自分が行ってやろうと思っていました。」

Q. 昨日は同期の川邉選手がキャリアハイの得点の活躍で、試合終了後の会見では「関野選手には負けたくない」と話していましたが、関野選手は特別に意識はされていますか?
A. 「全くないです。(笑いながら)
(そう言いながら)昨日、勝利していたら川邉選手がMVPだったと思うので、自分がフリースローをきっちり決めていれば勝利できていたかもしれないので、外したことが悔しいです。
自分たち若手がチームを引っ張っていきたいですし、自分たちが出た時に相手を疲れさせてファウルをいっぱいもらって、次に出て来る選手がフリースローを打てるようにしよう、というような話はしています。」

Q. 本日MVPを受賞され、野口観光さんのペアの宿泊券が当たっていましたが、どのように使いますか?
A. 「ペアで行く人がいないので、両親にプレゼントしようかなと思っています。」
(桜井選手)(小さい声で) 嘘つけお前!

--------------------------------------------------


GAME写真

1_3P.jpg 15.jpg 5.jpg 17.jpg          


  

RELATED

関連ニュース

ご案内

協力会社

その他