MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>B.LEAGUE2016-17シーズン 第26節 仙台戦を応援!パブリックビューイング開催決定

B.LEAGUE2016-17シーズン 第26節 仙台戦を応援!パブリックビューイング開催決定

B.LEAGUE2016-17シーズン 「レバンガ北海道VS仙台89ERS」戦パブリックビューイング開催!

AWAYの地で勝利を目指して頑張るチームを応援するため、今回もパブリックビューイングを開催いたします。
入場無料で、どなたでもご観戦いただけますので、お気軽にお越しください。

※緊急決定※(03/31更新)
#33田原隆徳選手、#42貝沼雄介選手がパブリックビューイングに参加します!


LEVANGA2016-790.JPGH1X_9001.JPG

#33田原隆徳選手(31日、01日両日)
#42貝沼雄介選手(31日のみ)


試合の見どころ(0328UP!)

B.LEAGUE2016-17シーズン終盤戦。
東地区4位のレバンガ北海道は、同地区6位の仙台89ERSと対戦する。今期、北海道は仙台に対して1勝4敗と負け越しており、苦手なチームと言わざるを得ない。
また、両チームにとって、残留プレーオフを回避するため、北海道にとって、ワイルドカード進出に向けて絶対に負けられない戦いとなっている。


北海道は、仙台の激しいディフェンスに対してしっかりと対応することが求められる。北海道はアシスト数がリーグ3位。連動性のあるオフェンスが持ち味であり、
多彩なオフェンスが魅力である。しかし、仙台の激しいディフェンスによってリズムが崩されることが懸念される。
北海道は、#8多嶋#32松島のガードコンビがしっかりとゲームをコントロールすることが大切になるだろう。また、チーム全体が仙台の激しいディフェンスに対して、集中力を切らさずに力強いオフェンスで対抗しなければならない。北海道は、ファウルを獲得して有利に試合を進めたい。
 

仙台の#15チリジ・ネパウエと#41ウェンデル・ホワイトのインサイドでの得点やリバウンドは警戒しなければならない。
特に#41ウェンデル・ホワイトは仙台のエースであり、内外ともに得点が取れる選手である。
北海道の大黒柱、#5ダニエル・ミラーをはじめ、調子が上向きの#22ジャマール・ソープに加え、仙台戦での復帰が予想される#13ジョーダン・バチンスキーの活躍がチームの勝敗を左右する。そして、外国人選手にマッチアップすることが多い#23野口の活躍にも期待したい。
今期、ポジションをPFに変更してキャリア最高の成績を残しているベテランのプレーに注目。インサイドを北海道が支配することで試合のペースを握ることができるだろう。


仙台は、#3石川、#4志村、#14佐藤といったスピードと外角のシュートを武器としている選手が揃っている。特に、#14佐藤の3Pシュートには要注意である。
北海道には日本代表の#12西川、日本バスケットボール界のレジェンド#9折茂といったスコアラーがいる。日本人スコアラー対決にも注目である。


両チームにとって絶対に負けられない戦いが仙台のホームコートにて開催される。北海道にとっては完全アウェー、TIPOFFと同時に試合の主導権を握ることが大切になるだろう。今後を左右するビックゲーム、激しく熱い試合が予想される。スポーツマンシップのある素晴らしい好ゲームを期待したい。

GO!LEVANGA!!

 

 


【イベント概要】

開催名称:
NEW FRIENDLY&スーパー中古車市 presents
B.LEAGUE 2016-17シーズン 第26節 
レバンガ北海道VS仙台89ERS パブリックビューイング


開催日時:
2017年03月31日(金)   18:10入場開始  19:10試合開始
2017年04月01日(土)   13:00入場開始  14:00試合開始
#33田原隆徳選手​​​​​​​(31日、01日両日)
#42貝沼雄介選手(31日のみ)

​​​​​​​

開催場所:
CAPO大谷地 1階ステージ
札幌市厚別区大谷地東3-3-20 


その他:
※観覧フリー
※当日は、レバンガ北海道VS仙台89ERSを観戦いただけます。
※ハーフタイム時にレバンガ北海道グッズが当たる抽選イベントを実施いたします。
※お席は先着順とさせていただきますが、席取りはご遠慮ください。
※場合によっては、お席にお座りいただけない場合もございます。

 


テレビ中継

3/31(金)    
放送開始時間:19:00     
放送チャンネル:スカチャン1   


04/01(土) 
放送開始時間:13:50  
放送チャンネル:スカチャン1

スカパー!Bリーグセットサイトはこちら

キャンペーン

協力会社

その他