MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>#12ディジョン・トンプソン選手 選手契約合意会見実施のご報告

#12ディジョン・トンプソン選手 選手契約合意会見実施のご報告

このたび、株式会社北海道バスケットボールクラブは、ディジョン・トンプソン選手と選手契約合意に至りましたので、ご報告いたします。
本日、本件における会見を実施しましたので、その内容をお知らせいたします。

------------------------------------------------------
three.jpg
▲写真左より、清永チーム統括、#12ディジョン・トンプソン選手、水野宏太HC
 


チーム統括 清永貴彦 コメント

「このたび、株式会社バスケットボールクラブは、ディジョン・トンプソン選手と契約合意に至りましたことをご報告いたします。
トンプソン選手が北海道でのプレーを決意してくれたことに、とても感謝していますし、歓迎しています。
トンプソン選手のプレースタイルは、レバンガ北海道というクラブに非常にフィットすると思っています。
また、各国のトップチームでプレーしていた経歴とその豊富な経験が、チームにポジティブな影響を与えてくれることを期待しています。
トンプソン選手への熱い応援のほど、よろしくお願いいたします。」
 

ヘッドコーチ 水野宏太 コメント

「シーズン途中にも関わらず、このクラブでのプレーを決意してくれたことに感謝しています。
これまでのトンプソン選手のプレーを見た中で、非常にパスがうまく、ボールを持っていない時のスペースを読む力に長けており、そういった能力が自分たちのプレースタイルにフィットし、シーズン途中の加入であっても力を発揮してくれるのではないかと思っています。
このように経験豊富な選手がチームにもたらせてくれるポジティブな影響は、今のチームにとって大きなプラスであると思っています。
まずは、チームの中でトンプソン選手が自身の役割を発揮すること、そしてチームメイトがトンプソン選手をしっかりと理解し、彼の強みをどのようにチームの中で活かしていくのか、双方がしっかりと力を合わせることでチームとして良い方向に向かっていけると思っています
トンプソン選手には、まずは環境に慣れてもらって、このチームを選んでプレーをして良かったと選手自身が思えるような後半戦にしていきたいと思います。」
 

#12 ディジョン・トンプソン選手 コメント

「まずは、この北海道に来れたことをとても嬉しく思いますし、チームが自分を選んでくれたことに感謝しています。
栃木にいる親友のセドリック・ボーズマン選手からもBリーグや、レバンガ北海道について、いい印象を聞いているので、しっかりこのチャンスをものにして、結果を出せるように頑張りたいです。
チーム練習をした感想としては、とてもいいチームで、動きの多いバスケットをするという印象です。
自分がこのチームの助けとなれることを確信しています。
自分のシュート力、ディフェンス、スピードといった強みを生かしていきたいと思っていますので、北海道の皆さん、応援よろしくお願いします。」
 


選手プロフィール

【選手名】ディジョン・トンプソン / Dijon Thompson

【生年月日】1983年3月23日

【ポジション】SF / PF

【背番号】#12

【身長/体重】201cm / 95kg

【国籍】アメリカ合衆国

【出身地】カリフォルニア州 / アメリカ合衆国

【出身校】UCLA

【プロプレー歴】
・2005-2006 Phoenix Suns (USA – NBA):アメリカ
・2006-2007 Albuquerque Thunderbirds (USA – D-League):アメリカ
        Atlanta Hawks (USA – NBA):アメリカ
・2007-2008 ALBA Berlin (Germany 1 – Bundesliga):ドイツ
・2008-2009 Azovmash Mariupol (Ukraine-Superleague):ウクライナ
・2009-2010 Hapoel Migdal Jerusalem (Israel – Premier League):イスラエル
・2010-2011 Spartak St. Petersburg (Russia – PBL):ロシア
・2011-2012 ASVEL Lyon-Villeurbanne Basket (France – ProA):フランス
・2012-2013 BC Nizhny Novgorod (Russia – PBL):ロシア
・2013-2014 BC Nizhny Novgorod (Russia – VTB):ロシア
・2014-2015 Saigon Heat (Vietnam – ASEAN League):ベトナム
        Hapoel Tel-Aviv (Israel – Winner League):イスラエル
・2016-2017 Petrolina AEK Lamaca (Cyprus – Division A):キプロス
        Hapoel Jerusalem (Israel – Winner League):イスラエル
        BC Nizhny Novgorod (Russia – VTB):ロシア
・2017-2018 Ferrocarril Oeste Capital Federal (Argentina – Liga A):アルゼンチン
・2018.3- レバンガ北海道(B.LEAGUE B1)



12_talk.jpg 12_ball.jpg

RELATED

関連ニュース

ご案内

協力会社

その他