MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>レバンガ北海道ユースチーム創設記者会見実施のご報告

レバンガ北海道ユースチーム創設記者会見実施のご報告

このたび、株式会社北海道バスケットボールクラブでは、レバンガ北海道ユースチームを創設することとなりました。
「ユース世代の選手を強化・育成し、レバンガ北海道、そして世界で活躍できる選手の輩出」
「トップチームの選手として必要とされる要素を習得した選手を輩出することでの、レバンガ北海道の競技力底上げ」
「B.LEAGUEライセンス交付規則に則ったライセンス取得のための育成環境の構築(B.LEAGUEライセンス交付規則 第1章第3条、第6条19条)」
上記を創設の目的としています。
本日、本件における記者会見を実施いたしましたので、ご報告いたします。

all.jpg
---------------------------------------------------
【実施日時】
2017年11月22日(水) 17:30~

【実施場所】
北海きたえーる 2階 中研修室

【実施内容】
レバンガ北海道ユースチーム創設記者会見

【出席者】
森野 和泰 様(一般財団法人北海道バスケットボール協会 専務理事)
折茂 武彦(株式会社北海道バスケットボールクラブ 代表取締役)
横田 陽(株式会社北海道バスケットボールクラブ 代表取締役CEO)
齋藤 拓也(株式会社北海道バスケットボールクラブ ユースチームダイレクター)
浦本 史也 (社会医療法人 仁陽会 西岡第一病院)
武田 智洋 (社会医療法人 仁陽会 西岡第一病院)

---------------------------------------------------
【創設経緯説明 / 株式会社北海道バスケットボールクラブ代表取締役CEO 横田 陽】 
 このたび、レバンガ北海道U15のユースチームを設立する運びとなりました。
まずは、本日このような形で発表できることを嬉しく思いますし、設立にあたってご尽力くださいました北海道バスケットボール協会様をはじめ、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
設立の経緯についてですが、まずB.LEAGUEの定めるライセンス基準に、2018年6月までにU15のユースチーム設立が義務付けられており、今年の春頃から北海道バスケットボール協会様と構想を固めてまいりました。
これまでレバンガ北海道で実施していた子ども達のアカデミースクール事業から、よりトップチームに直結する組織を作っていき、将来のB.LEAGUE選手を北海道から育成していき、北海道のバスケットボールの強化・育成に少しでも貢献できるようにと進めて行きたいと思っております。
このユースチームを通して、バスケットボールの技術はもちろんですが、人間力を高めるための教育も同時に行っていくシステムを構築してまいりたいと思います。
なお、3年後の2021年度には、『レバンガ北海道U18』を設立し、よりトップチームへの育成環境を整えていきたいと思っておりますので、併せてよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------
【一般財団法人北海道バスケットボール協会 専務理事 森野 和泰 様 コメント】
「Bリーグからの義務付けというような説明も、先ほど横田CEOからあったかと思いますが、私は、このユースチームの設立に関しては、遅きに失したと感じております。
もっと早く立ち上がっていれば、その分より早く、良い選手が輩出されたのではないかと考えています。
各競技団体におかれましても、近年本当に若年層の活躍が見られ、これからこのレバンガ北海道のユースチームを巣立った子どもたちが世界で活躍することを心から願うところであります。
また、北海道においての強化・育成に欠かせないものというふうに考えております。
この立ち上げに関しては、私もかねてより話し合いに参加させていただいておりましたが、やはり現存する中学校教育の一環である部活動との兼ね合いにおいて非常に難しい点があるということも事実です。
ただ、日本バスケットボール協会の登録枠の変更や、リーグ戦を新たに作ることで、ユースチーム以外にも、部活動においても、様々なチームが参加する大会が増えることで、多くの選手がそこで育成されるというふうにも考えております。 
色々と今の部活動に対して1石を投じるような部分もあるとは思いますが、これからの北海道におけるバスケットーボールの強化・育成・普及につながっていくと確信しております。
ユースチームの成功、そしてトップチームへの選手の輩出ということを念願に、私ども北海道バスケットボール協会も一緒に歩んでいきたいと考えております。」

---------------------------------------------------
【株式会社北海道バスケットボールクラブ代表取締役 折茂 武彦 コメント】
「本日はご多忙のところ、お集まりくださり誠にありがとうございます。
このユースチーム創設は、様々な理由がある中、やむを得ず創設するクラブも中にはあるのかと思います。
しかしながら、私の考えは「ようやくこの時が来たか」という気持ちです。
世界で戦える人材の育成がこれからのバスケットボールを発展させるためには不可欠になります。
プロ野球やサッカーが発展していったのも、世界で活躍できる選手が育成され、羽ばたいたことが大きな要因と考えます。
B.LEAGUEは、まだまだ始まって2年目の、世界から比べると小さなリーグです。
しかし、傘下にあるクラブから世界に通用する人材が育ち、飛び立つとき、世界に認められるリーグになることを願っています。
また、我々レバンガ北海道も、まだまだ発展途中のクラブです。
資金面、環境面など、まだまだ苦悩することが多い中、このユースチームにて育成を行い、いずれトップチームで活躍する人材を輩出することは、様々な相乗効果につながると考えております。
ユースチームでプロ選手としての基盤をつくり、レバンガ北海道のトップチームに昇格し、地元・北海道からの愛情にお返しができる選手を育てていきたいと思います。」

---------------------------------------------------
【記者会見の様子】
9.jpg yd.jpg 3.jpg  
---------------------------------------------------


【2018年2月24日(土)開催 レバンガ北海道U15トライアウトの詳細はこちら
https://www.levanga.com/team/levangahokkaido-u15.html 】

※ユースチーム要項、トライアウトの参加申込書等をご確認いただけます
 


 

ご案内

協力会社

その他