MENU

LEVANGA HOKKAIDO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>レバンガ北海道#2グレゴリー・ウィッティントン選手 2017-18シーズン入団会見のご報告

レバンガ北海道#2グレゴリー・ウィッティントン選手 2017-18シーズン入団会見のご報告

 

このたび、株式会社北海道バスケットボールクラブは、B.LEAGUE 2017-18シーズンにおいてグレゴリー・ウィッティントン選手と契約基本合意に至りましたので、ご報告いたします。
本日、本件に関する会見を行いましたので、その内容をお知らせいたします。

------------------------------------------------------

2.jpg

#2 グレゴリー・ウィッティントン 選手  Gregory Whittington

【生年月日】1993年2月17日

【ポジション】PF / SF

【背番号】2

【身長/体重】203cm / 95kg

【出身校】Georgetown University

【出身地】メリーランド州(アメリカ合衆国)

【国籍】アメリカ合衆国

【プロプレー歴】
・2015-2016: Sioux Falls Skyforce (NBA - DLeague):アメリカ
・2016-2017: Sydney Kings (Australia – NBL):オーストラリア
・                : Sioux Falls Skyforce (NBA - DLeague):アメリカ

------------------------------------------------------

【#2 グレゴリー・ウィッティントン選手 コメント】
今シーズンはハードワークを中心に、チームとしてまずはプレーオフ進出を目指し、さらにトップを目指すという強い気持ちを持ってシーズンに臨みたいと思います。
一日でも早くチームに慣れて、一生懸命頑張りたいと思います。

【Q. 自身のストロングポイントは?】
個人的なこだわりを持つよりも、チームの勝利を中心に考えていきたいと思っています。
具体的な自分の役割については、これからヘッドコーチやチームと相談しながらになるかと思いますが、自分としてはこのチームにフィットできるという確信を持っています。
自分の強みとしては、インサイド・アウトサイドの両方でプレーできること、ピックからのプレー、リバウンド、ディフェンスなどであると考えますが、最終的にはチームから求められるプレーをして、チームの勝利に貢献したいと思っていますし、頑張りたいと思っています。

【Q. 今シーズン自分のここを見てほしい、というのを一言で表すと?】
ハードワークと集中。

------------------------------------------------------

【水野宏太ヘッドコーチ コメント】
タイプ的には4番3番で、外からもシュートを打つことが出来ますし、個人でも得点の機会をクリエイトする力のある選手だと考えています。
特に、昨シーズンでの自分たちの課題として、3Pの試投数とその確率を向上していきたいと考えており、彼はそういった部分の役割も担ってくれると思い、今回の契約に至りました。
身体能力にも優れていますし、これまでのDリーグやフィジカルのタフなオーストラリアのリーグで得た様々な経験を自分たちに還元してくれたらと思っています。

3人の外国籍選手がそれぞれ別の強みを持っている中、そこをどのように昨シーズン積み上げてきたチームの根幹、スタイルに融合していくか、そして彼らの良さを生かすことで自分たちのスタイルに良い意味での変化を加えていきたいと思っています。
何よりも日本での生活と、このチームでプレーすることに慣れてもらい、チームとしての結果を残すことと、それぞれのキャリアにとっても良いシーズンとなってほしいと期待していますし、今ここにいる3人と共にチームを作っていきたいと思っています。

------------------------------------------------------
all.jpg
2_5_15_tate.jpg

RELATED

関連ニュース

キャンペーン

協力会社

その他